[TopPage] > [山行記録] > [竜ヶ岳]


竜ヶ岳

りゅうがたけ / 1485m


2009年4月4日(土)

登山口P(7:00)-本栖湖キャンプ場登山口(7:10)-東屋(8:00)-分岐(8:30)-竜ヶ岳(8:40)

竜ヶ岳(9:00)-分岐(9:05)-ベンチ(9:35)-本栖湖畔登山口(10:05)-登山口P(10:15)

[地図]


登山口へ向かう途中、山中湖にて撮影。


本栖湖に近づくと霧の中に突入してしまいました。
登山口駐車場も霧の中です。


駐車場からキャンプ場を抜けると登山口です。


本栖湖周辺は雲海に覆われていたようです。
南アルプスが見えてきました。


ベンチのある展望所にて。


山頂方面が見えてきました。


登り返すと樹林帯を抜けます。


東屋へ到着。


東屋にて富士山を「額縁」に収める。


完全防護された石仏に手を合わせてから山頂へ向かいます。


適度な勾配で非常に歩きやすい登山道なのですが、常に見える富士山が
気になって落ち着きません。贅沢な言い草ですね。


いつの間にやら、眼下の東屋がずいぶん小さくなりました。



帰路はここから「本栖湖」方面へ向かいます。


南アルプス方面をズームで。


山頂に到着。先ほどから風が強くなってきました。


竜ヶ岳山頂(標高1485m)。
立派なテーブルと椅子があるのですが、風を避けるため薮の影で食事とします。


12月から1月にかけては、ダイヤモンド富士となるそうです。


タカデッキ(左)と雨ヶ岳(右)。


再度、南アルプス方面。


西湖、河口湖方面は霞んでいます。


朧ろげな八ヶ岳。


先ほどの分岐点まで戻ります。


雲海はすっかり晴れて、本栖湖の青い湖面が美しい。
が、なかなか近づかないんですよね。


ほぼ中間地点にベンチがあります。


フカフカ落葉の、脚に優しい登山道です。


やっと湖畔に下りました。


湖畔の車道をブラブラ歩きます。


無事、駐車場に到着。


道の駅「朝霧高原」から竜ヶ岳を望む。


[TopPage] > [山行記録] > [竜ヶ岳]