[TopPage] > [山行記録] > [編笠山~権現岳]


編笠山~権現岳

あみがさやま / 2523.7m
ごんげんだけ / 2715m


2009年8月8日(土)

観音平P(5:00)-雲海(5:50)-押手川(6:35)-編笠山(7:50/8:05)-青年小屋(8:25/8:35)-権現岳(9:55)

権現岳(10:10)-三ツ頭(11:10/11:20)-木戸口(12:20)-八ヶ岳横断歩道(13:45)-観音平P(14:25)

[地図]

[]
暗いうちに到着したものの、駐車場はほぼ満車。
明るくなってきたところでスタート。

[]

[]
天候は今ひとつ。それでも富士山が顔を出しています。

[]
雲海展望台。

[]

[]

[]
押手川。標高2000mを越えました。

[]

[]

[]
ここだけハシゴが設置されています。

[]
森林限界を越えれば、山頂はもうすぐ。

[]
編笠山山頂(標高2523.7m)。

[]
左から、阿弥陀岳、中岳(奥の横岳と重なって分かりにくい)、
赤岳、ギボシ、権現岳。

[]
諏訪方面。

[]
南アルプス方面。

[]
そして富士山。

[]

[]
画面左、雲の合間から蓼科山。

[]
360度の展望を堪能した後は青年小屋へ下ります。

[]
青年小屋前の岩石帯。乾いていて良かった。

[]
青年小屋からギボシに向かいます。

[]
ノロシバから西ギボシを見上げる。例によって怖気づいています。

[]
とは言え、いざ取り付いてみるとサクサク登れます。

[]
振り返って、写真を撮る余裕まであります。
ノロシバ、青年小屋の背後には、まさに編笠の如き編笠山。

[]
西ギボシから東ギボシを見上げる。
トラバースしている登山道が見えます。やっと権現小屋と権現岳が
近づいてきました。

[]
東ギボシ山腹の「お花畑」。

[]
東ギボシの鎖場。こちらも落ち着いて進めば問題ありません。

[]
さすがに東ギボシのピークに向かう(精神的)余裕はなく、そのまま権現岳へ。

[]
権現岳山頂は狭そうなので、山頂手前で休憩。

[]
西ギボシ(左)と東ギボシ(右)。

[]
権現岳山頂(標高2715m)。

[]
山頂の桧峰神社。

[]
三ッ頭へ向かいます。

[]
下山ルート唯一の鎖場。

[]
権現岳を振り返る。

[]
三ッ頭への登り返し。

[]
三ッ頭(標高2580m)。権現岳(左端)と何とか顔を出している赤岳(右)。

[]
これから向かう尾根はガスに覆われつつあります。

[]
ガスに突入。

[]
すぐ目前の編笠山すら...

[]
木戸口公園。国定「公園」の「木戸口」?

[]

[]

[]
ヘリ・ポート。眺望はゼロですが、ここで休憩。

[]
笹すべりを下ります。

[]
延命水。「けもの専用」飲用不可の水場だそうです。

[]
地図にある「早乙女河原展望台」は、何処にあるのかわかりませんでした。

[]
やっと八ヶ岳横断歩道に合流。

[]

[]
想定外の起伏。

[]
最後の最後に登り返し。

[]
ヘロヘロで観音平に到着。道路には、駐車場から溢れた車が30台ほど
並んでいました。

ところで、本日8月8日は「八ヶ岳の日」だったそうです。帰宅してから
知りました。


[TopPage] > [山行記録] > [編笠山~権現岳]