[TopPage] > [山行記録] > [天狗岳]


天狗岳

てんぐだけ / 2645.8m


2009年9月13日(日)

唐沢鉱泉P(5:35)-枯尾ノ峰分岐(6:30/6:35)-第1展望台(7:15)-西天狗(8:20)

西天狗(8:30)-東天狗(8:50/9:00)-中山峠(9:55)-黒百合平(10:00)

黒百合平(10:50)-唐沢鉱泉分岐(11:40/11:45)-唐沢鉱泉P(12:45)

[地図]

[]
唐沢鉱泉までの林道は、未舗装ですが道幅にも余裕があり、一般車でも安全に通行できます。
いつもの如く、未明に到着。夜明けを待って出発します。

[]
西尾根に上がったところです。

[]
この時点では、天候回復に期待していましたが...

[]
状況、ガス。

[]

[]
第1展望台付近。ガスです。

[]
眼下もガス。

[]
第2展望台。休憩する気にもなりません。

[]
西天狗山頂直下の岩場。荒涼たる風景です。

[]
西天狗山頂(標高2645.8m)。

[]
東天狗へ下ります。

[]
鞍部から東天狗へ登り返し。

[]
ここでやっと西天狗を拝むことができました。すぐガスに隠れてしまいましたが。
今日、他の登山者と出会ったのもここが初めてです。

[]
東天狗山頂(標高2646.3m)。強風にも関わらず、硫黄岳方面のガスは晴れません。

[]
小海方面。浅間山は見えるのに...

[]
黒百合平方面。ガスが無ければ北横岳や蓼科山が見えたはず。

[]
強風に追い立てられ、休憩もそこそこに下山開始。

[]
天狗の奥庭を俯瞰。奥には黒百合ヒュッテが見えます。

[]
迫力満点の稲子岳。

[]
中山峠へ向っています。

[]
ガスのせいか、一種異様な雰囲気(好みです)。

[]
中山峠。

[]
黒百合ヒュッテに到着。ここでやっと大休止。

[]
唐沢鉱泉に向かいます。

[]
沢のような登山道。

[]

[]
良い雰囲気ですが、滑りやすく気が抜けません。

[]
渋の湯方面との分岐。

[]

[]
この橋を渡れば登山道は終了、すぐに唐沢鉱泉です。

[]
唐沢鉱泉の源泉。汗を洗い落としたのは、車で15分ほどの「縄文の湯」でしたが。


[TopPage] > [山行記録] > [天狗岳]