[TopPage] > [山行記録] > [丹沢山]


丹沢山

たんざわやま / 1567.1m


2010年1月4日(月)

塩水橋(6:05)-堂平登山口(7:15/7:25)-天王寺尾根分岐(8:20/8:25)-丹沢山(8:55)

丹沢山(9:10)-天王寺尾根分岐(9:35/9:55)-天王寺峠(11:00/11:05)
-本谷橋(11:20)-塩水橋(11:40)

[地図]

[]
2010年最初の山行。「蛭ヶ岳日帰り山行」の偵察でもあります。
ヘッドライトを装着し、真っ暗な塩水橋を出発。実は初ヘッデンです。
塩水林道を上がるうちに明るくなってきました。

[]
堂平登山口。

[]

[]
堂平沢(涸れ沢)を渡り、天王寺尾根を目指します。

[]

[]
天王寺尾根に上がり、天王寺峠からの登山道と合流。

[]

[]
崩壊地。僅かな距離ですが、高所恐怖症にはチト厳しい所です。

[]
崩壊地を過ぎれば木道が稜線に合流するまで続きます。

[]
つい先ほどまでは晴れていたのですが。

[]
お出迎え。

[]
丹沢三峰からの登山道と合流。

[]
丹沢山山頂(標高1567.1m)。すっかりガスに覆われています。
大休止の予定でしたが、トイレ(有料)を済ませてすぐに下山開始。

[]

[]
霧氷。この光景を見られただけでも来た甲斐がありました。

[]

[]
崩壊地のすぐ上から天王寺尾根を見下ろす。

[]
崩壊地を過ぎ、振り返ると山頂付近のみガスに覆われているようです。

[]
堂平分岐で大休止の後、今度は天王寺尾根を下ります。

[]
所々に急坂。

[]
中央のピークは塔ノ岳?

[]

[]
ここで登山道は左へ折れます。右の支尾根側にはトラロープが張って
あります。

[]

[]
天王寺峠。「宮ヶ瀬」方面の本谷林道へ下ります。

[]
真新しい堰堤の先は本谷林道。

[]
本谷林道側の登山口。本谷橋の目の前です。

[]
本谷林道を下ります。

[]
塩水橋に戻りました。

塩水橋から丹沢山までのコースタイムは、昭文社「山と高原地図28 丹沢
2008年版」によると約3時間半。それに対し今回は約3時間で歩いています。
丹沢山~蛭ヶ岳をコースタイム程度で歩くことができれば、塩水橋~蛭ヶ岳の
往復は約9時間。「蛭ヶ岳日帰り山行」もなんとかなりそうです。


[TopPage] > [山行記録] > [丹沢山]