[TopPage] > [山行記録] > [檜洞丸]


檜洞丸

ひのきぼらまる / 1601m


2010年5月2日(日)

神ノ川ヒュッテ(6:20)-登山口(7:35)-稜線合流(7:55/8:00)-熊笹ノ峰(9:30)-檜洞丸(10:00)

檜洞丸(10:20)-熊笹ノ峰(10:45/10:50)-[ヤタ尾根]-林道横断地点(11:45/11:50)
-[ヤタ尾根]-ヤタ尾根登山口(12:15)-神ノ川ヒュッテ(12:25)

[地図]

[]
神ノ川ヒュッテ本館の左側から、日陰沢沿いに犬越路へ向かう(ハズでした)。

[]
あの奥が犬越路。

[]
道も標識もしっかりと整備されています。

[]
もうすぐ犬越路(だったのに)。

[]
「第12回北丹沢12時間山岳耐久レース」の標識につられて(責任転嫁)
反対方向へ。標識があったはずなのに。

[]
(地図も確認せずに)林道のような道を通って、神の川林道終点へ。

[]
そのまま林道を進み、この登山口から稜線を目指します。

[]
急登ですが明瞭な登山道を辿り稜線へ。予定のルートに復帰。

[]
犬越路で見るはずだった富士山。

[]
小笄(ここうげ)へ向けて岩場が始まります。

[]
いよいよクサリ場。

[]
少し下って少し長めのクサリ場。

[]
高所恐怖症のくせに、大抵のクサリ場は楽しかったりします。

[]
さらにクサリ場。

[]
素晴らしく頑丈なハシゴ。

[]
いつの間にか大笄(おおこうげ)が近づいてきました。小笄には気づかず。

[]
ここを越えると穏やかな稜線に変わります。

[]
振り返ると大室山。

[]
進行方向右手には檜洞丸。

[]
大笄。標識の類は見当たりませんでした(見落とした?)。

[]
大笄と熊笹ノ峰の間のコル。ヤタ尾根ルートの分岐点です。

[]
熊笹ノ峰。

[]
こちらのクサリは水平移動用。

[]
箱庭のような光景。

[]
山頂直下の崩壊地を登ります。

[]
檜洞丸山頂(標高1601m)。
ここまで登山道で出会った登山者は1人だけでしたが、山頂はすでに多くの
登山客で賑わっています。休憩中にも続々と登山者が到着するので、さっさと
ヤタ尾根分岐点まで戻ります。

[]
山頂直下の崩壊地から袖平山。あちらも山頂直下に崩壊地があります。

[]
登山道の先が見えないほどの勾配。

[]
熊笹ノ峰を越えます。

[]
ヤタ尾根分岐点に戻ってきました。ここで落ち着いて小休止。

[]
富士山は雲に隠れてしまいました。

[]
ヤタ尾根を下ります。

[]
途中、迷いやすい緩い広尾根もありますが、要所要所に標識が設置されて
います。

[]
植林帯に突入。

[]
この先、林道横断地点まで急坂になります。

[]
林道横断地点。右ヘ進むと大回りで神ノ川ヒュッテへ、左へ進むと犬越路
トンネル入り口を経て、朝の「林道神の川線終点」へ。

[]
林道を横切り、暗い植林帯の中へ。ほとんど急坂です。

[]
やっと神ノ川が見えてきました。

[]
ヤタ尾根登山口。NPO北丹沢山岳センター謹製の案内板が設置されて
います。なお、ヤタ尾根で出会った登山者は3組でした。

[]
キャンパーで賑わう神ノ川ヒュッテに到着。


[TopPage] > [山行記録] > [檜洞丸]