[TopPage] > [山行記録] > [金峰山]


金峰山

きんぷさん(きんぽうさん) / 2599m


2010年6月5日(土)

瑞牆山荘(5:45)-富士見平小屋(6:25)-大日小屋(7:15/7:20)-大日岩(7:45)-金峰山(9:25)

金峰山(9:55)-大日岩(11:15/11:20)-大日小屋(11:35)-富士見平小屋(12:15)-瑞牆山荘(12:40)

[地図]

[]
林道ゲート前の無料駐車場に到着したのは5時半。さすが百名山登山口、
支度中にも続々と車が到着します。こちらも、急かされるように出発。

[]
新緑のアーケード。林道を横断する前後は、なかなかの急登。

[]
僅かにルートを外れて、里宮神社にご挨拶。

[]
富士見平直下の水場。登山道まで水浸しになるほどの水量です。

[]
富士見平に到着。先発の団体客に追いつきました。

[]
団体客より先に金峰山方面へ。画像右の建物はトイレ。

[]
見た目は石畳。踏むと瓦のような軽い音がします。

[]
飯森山の尾根に乗りました。ルートは明確ですが、踏み跡が錯綜しています。

[]
尾根を外れトラバース気味に。やや下ると鷹見岩分岐を通過。

[]
大日小屋と鷹見岩。

[]
昨晩の雨で滑りやすくなっています。ロープ有り。

[]
大日岩。下からでは、よくわかりません。

[]
大日岩を巻くように登ると、小川山への分岐。

[]
暗い樹林帯の急登を進みます。

[]
樹林帯が終わり、砂払ノ頭に到着。

[]
振り返ると瑞牆山。八ヶ岳は雲の中です。

[]
ここからは稜線歩き。見上げれば五丈岩。

[]
趣きのあるハシゴ。見た目以上にしっかりしています。

[]
通常、登山道を撮影すると、実際の勾配より緩く見えるのですが、
これは例外。急登ではありますが、普通に登れました。

[]
山頂が近づいてきました。

[]
左手、大岩の陰に金峰山小屋。

[]
最後のピーク。さらに先行していた団体客が取り付いています。

[]
山頂直前。雲行きが怪しくなってきましたが、一滴も落とすことなく
流れてくれました。

[]
金峰山山頂(標高2599m)。多くの登山者で賑わっています。
画像左端のあたりに三角点と標識があります。

[]
五丈岩。もちろん登っていません(登れません)。

[]
五丈岩の陰で大休止の後、下山開始。ちょっと雲が多いのが残念。

[]
2008年7月19日 瑞牆山と八ヶ岳。

[]
瑞牆山(左)と小川山(右)。

[]
楽しい稜線歩き。

[]

[]
画面中央に見事な三角形の飯森山。

[]
普通に登山道を歩いていれば、滑落の心配はありません。

[]
砂払ノ頭から再び樹林帯へ。

[]
大日岩で小休止。右へ進むと八丁平から小川山へ。

[]
大日小屋まで戻ってきました。右の平地がテント場でしょうか。

[]
飯森山の尾根を外れて富士見平へ。

[]
富士見平。画面には写っていませんが、テント場が華やかです。

[]
新緑の向こうに瑞牆山。

[]
瑞牆山荘まで下ります。

[]
無事到着。さすが土曜日、この時間から登る人も多いです。駐車場は満杯、
林道入口からゲート前までも路上駐車でビッシリ。


[TopPage] > [山行記録] > [金峰山]