[TopPage] > [山行記録] > [三ノ塔~塔ノ岳]


三ノ塔~塔ノ岳

さんのとう / 1204.8m

とうのだけ / 1491m


2011年1月15日(土)

大倉(6:10)-牛首(7:15)-三ノ塔(8:35)

三ノ塔(8:40)-烏尾山(9:10)-行者ヶ岳(9:30/9:40)-新大日(10:20)-塔ノ岳(10:55)

塔ノ岳(11:05)-金冷シ(11:15)-花立山荘(11:30/11:45)-天神尾根分岐(12:00)-
堀山の家(12:15)-雑事場ノ平(12:50)-大倉(13:20)

[地図]

実は、秦野側から丹沢に入るのは初めて。ヘッドライトを装着し、夜明けを
待たずに出発したものの、いきなり道迷いで10分のロス。

[]
牛首までは林道も併走していますが、尾根伝いの登山道を選択。
なだらかでウォーミングアップに最適です。

[]
牛首で林道に降ります。

[]
そしてまたすぐに登山道へ。

[]
あとはひたすら登り。

[]
ごく一部を除いて展望はありません。

[]
黙々と登ります。

[]
表尾根に合流するまで、ほとんど雪はありませんでした。

[]
三ノ塔山頂(標高1204.8m)に到着。

[]
中央の一番高いピークが塔ノ岳。眼下にはこれから向かう烏尾山荘。

[]
今日の富士山は今ひとつ。

[]
朝陽に輝く相模湾。小さく江ノ島も見えます。

[]
恐る恐る下ります。

[]
アイゼンを装着するタイミングに悩みつつ降下。

[]
取りあえずアイゼン無しで通過できました。

[]
烏尾山への登り返し。

[]
烏尾山荘が見えてきました。

[]
三ノ塔を振り返る。あそこを下ったのかぁ…

[]
烏尾山山頂(標高1136m)。昭和チックな山名盤。

[]
小さなアップダウンを繰り返し、お次は行者ヶ岳へ。

[]
こちらのクサリ場は楽勝ですね。

[]
三ノ塔と烏尾山を振り返る。

[]
行者ヶ岳山頂(標高1209m)。

[]
ここで小休止。コンビニおにぎりを一つ。

[]
さて、問題のクサリ場。雪(というか氷)が無ければ簡単なのですが。

[]
振り返って見上げるとこんな感じ。

[]
続いてもう一つのクサリ場。見るからに滑りそうです。

[]
かなーり慎重に下りました。

[]
立派な(?)崩壊地を登ります。

[]
崩壊地の上から振り返ると行者ヶ岳の向こうに三ノ塔。左端は大山。

[]
左奥、塔ノ岳はまだまだ遠い。

[]
書策小屋跡。

[]
次は新大日へ。右のピークです。

[]
新大日茶屋。

[]
新大日からは、ほとんど雪道。

[]

[]
やっと塔ノ岳が近づいてきました。

[]
最後の急登。下りならアイゼン必須です。

[]
塔ノ岳山頂(標高1491m)。大倉との標高差は1200m。

[]
もうちょっとなんですがね。

[]
右の三ノ塔はかなり低く見えます。左奥の大山はさすがに貫禄有り。

[]
あまりにも寒いので、トイレ休憩のみで下山開始。初の大倉尾根です。

[]
金冷シ。この辺までは雪道。

[]
花立のピークを越えると雪道も終わりです。結局、アイゼンは使用しません
でしたが、新大日から金冷シ辺りまでは装着しても良かったかな。

[]
花立山荘。ここでやっと大休止。

[]
食事を終えて再び下ります。

[]

[]

[]
天神尾根分岐。

[]
堀山の家。アットホームな感じでいいですね。

[]

[]

[]

[]

[]

[]
旧街道の趣き。

[]
雑事場ノ平。ここで尾根を外れます。

[]

[]
もう作り直したら?

[]
観音茶屋。

[]

[]
ここからは舗装路。

[]
無事下山。左は乗馬クラブの入り口です。

[]
大倉尾根、下りだったせいかもしれませんが、思っていたほど退屈せずに
済みました。

[]
駐車料金は平日500円、土日700円。24時間利用できます。

[]
お疲れさまでした。


[TopPage] > [山行記録] > [三ノ塔~塔ノ岳]