[TopPage] > [山行記録] > [笠取山]


笠取山

かさとりやま / 1953m


2011年5月14日(土)

作場平橋(6:30)-一休坂分岐(6:55)-ヤブ沢峠(7:35)-笠取小屋(7:55)-雁峠分岐(8:05)-
笠取山(8:35)-水干分岐(8:50)-水干(9:00)-水場口(9:05)-雁峠分岐(9:30)-
笠取小屋(9:40)-一休坂分岐(10:25)-作場平橋(10:40)

[地図]

中央道を勝沼ICで降り、国道411号線(青梅街道)を北へ。柳沢峠を越え、
「一之瀬」の標識に従い左折、狭い林道を作場平橋まで進みます。
駐車場にはすでに5,6台の車。

[]
駐車場から10mほど離れた登山口。

[]
沢に沿ってヤブ沢峠まで上がります。

[]
素晴らしく整備された登山道。

[]
緩やかな勾配が続きます。

[]

[]
沢の音が途切れると、まもなくヤブ沢峠。

[]
ヤブ沢峠から笠取小屋までは林道を進みます。

[]
笠取小屋。左奥はバイオトイレ。

[]
笠取小屋を過ぎると雁峠(がんとうげ)分岐。右手の丘は「小さな分水嶺」。

[]
雁峠の先には燕山(つばくらやま)。

[]
小さな分水嶺。多摩川、荒川、富士川と分かれます。

[]
笠取山の山頂が見えてきました。

[]
いざ直登。本日唯一の急登です。

[]
熊本城の武者返しのように、山頂に近づくほど勾配がキツくなってきます。

[]
何とか山頂へ到着。

[]
右手のピークは国師ヶ岳でしょうか。

[]
奥の岩尾根を進みます。

[]
こちらが本当の笠取山山頂(標高1953m)。

[]
展望はイマイチ。

[]
さらに進みます。

[]
いかにもショートカットな踏跡へ。

[]
明瞭ですが予想以上の勾配。

[]
無事、標識の背後から水干(みずひ)分岐に出ました。

[]
笠取小屋方面に向かうとすぐに水干に到着。

[]
水干。多摩川の源頭です。

[]
標識に従い水場口へ降ります。多摩川の「流れ」が始まるところです。

[]
この水干沢が一之瀬川~丹波(たば)川~多摩川と名を変えて東京湾へ。

[]
登山道へ復帰。

[]
小さな分水嶺まで戻ってきました。

[]
山頂の登山者をズームで。

[]
笠取小屋まで戻ります。

[]

[]
笠取小屋から一休坂尾根は水場方面へ。

[]
笠取小屋の水場。

[]
沢沿いに下ります。

[]
沢を離れてトラバース。

[]
一休坂尾根。広い尾根道です。

[]
一休坂分岐で往路と合流。

[]
サクッと登山口まで戻ります。

[]
駐車場は満車。確かに、かなりの数の登山者とすれ違いました。

一之瀬林道から国道411号線に出て、奥多摩湖経由で帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [笠取山]