[TopPage] > [山行記録] > [鳳凰三山2]


鳳凰三山2(薬師岳~観音岳~高嶺)

ほうおうさんざん

やくしだけ / 2780m

かんのんだけ / 2840.4m

たかね / 2778.8m

※地形図では、それぞれ鳳凰山、薬師ヶ岳、観音ヶ岳となっています。

[] 2010年8月16日 北岳にて


2011年6月26日(日)

夜叉神峠登山口(4:10)-夜叉神峠小屋(5:10/5:15)-杖立峠道標(6:20/6:25)-苺平(7:40)
-南御室小屋(8:00/8:10)-薬師岳(9:20/9:25)-観音岳(9:50)

観音岳(9:55)-鳳凰小屋分岐(10:15)-赤抜沢ノ頭(10:55/11:00)-高嶺(11:40)
-白鳳峠(12:25/12:35)-白鳳峠入口(14:40)-広河原(14:50)

●乗合タクシー: 広河原(14:55)-夜叉神峠登山口(15:20) 1,000円+マイカー規制協力金100円

[地図]

[]
写真では明るく見えますが、ヘッドライトを装着して出発。

[]
10分程度で不要になりましたけどね。

[]
1時間で夜叉神峠。期待はしていませんでしたが、白峰三山はやはり
雲の中。

[]
ダラダラ歩いていると、トレランの方が風のように走り去って行きました。

[]

[]
杖立峠道標。

[]
この辺りが本当の杖立峠かな。

[]
焼跡通過。

[]
白峰三山は…

[]

[]
苺平。一向にペースが上がらないので辻山はスルー。

[]
辻山を巻いて南御室小屋へ下ります。

[]
南御室小屋に到着。テントは2張り。
おにぎり補給とトイレ。もちろん南アルプス天然水も頂きます。

[]
南御室小屋を過ぎるとしばし急登。

[]
そろそろ樹林帯を抜けます。

[]
砂払岳を越えます。

[]
砂払岳で振り返ると富士山。

[]
砂払岳から薬師岳。左奥の観音岳がすこしガスっています。

[]
今回はコイワカガミばかりが目立ちました。

[]
薬師岳小屋を通過。

[]
今回唯一の残雪。

[]
薬師岳山頂(標高2780m)。

[]
目の前には北岳が見えるハズ。

[]
小休止の後、観音岳へ向かいます。

[]
楽しい稜線歩き。だけど結構登るなあ。

[]
風が強く、素手だと冷えてきます。

[]
観音岳山頂(標高2840.4m)。

[]
観音岳より薬師岳と富士山。

[]
赤抜沢ノ頭へ向かう稜線。中央には地蔵岳。

[]
地蔵岳をズーム。左の賽ノ河原には団体さんが到着。

[]
鳳凰小屋分岐を通過。

[]
もう少しで北岳の山頂が見えそう。

[]
あまりに鮮やかな緑だったので、ついカメラを向けてしまいました。

[]
無雪期なのにモノトーン。鞍部の岩陰で風を避けつつ小休止。

[]
奥秩父、八ヶ岳方面は雲の中。

[]
登り返しも終わり、間もなく赤抜沢ノ頭。

[]
赤抜沢ノ頭に到着。

[]
赤抜沢ノ頭より地蔵岳オベリスク。

[]
そそくさと本日最後のピーク、高嶺へ。ちなみにここから先、南アルプス
林道に降りるまで他の登山者はゼロでした。

[]
雲の合間から日向山の雁ヶ原(がんがわら)が。

[]
この辺りから高嶺への登り返し。すでに足が悲鳴を上げています。

[]
甲斐駒ヶ岳も姿を現わしました。

[]
振り返るとオベリスク。

[]
まもなく高嶺。

[]
と思ったらまだ先でした。

[]
高嶺山頂(標高2778.8m)。

[]
仙丈ヶ岳もお出まし。

[]
地味なピークですが、三角点もあります。

[]
早川尾根を挟んで、左に仙丈ヶ岳、右に甲斐駒ヶ岳。

[]
画面右の白鳳峠に下ります。

[]
北岳を覆っていた雲もすっかり消えました。雪渓が見事です。

[]
かなりの勾配ですが、難しくはありません。

[]
眼下には野呂川橋。あの辺りまで降りるのかぁ、キツそう。

[]
もう少し降りると尾根を外れます。

[]
山頂を振り返る。

[]
この辺でコイワカガミともお別れ。

[]
尾根を外れるポイントには、しっかりと印があります。

[]
白鳳峠が近づいてきました。

[]
ガレてます。

[]
そろそろ樹林帯へ突入。

[]
白鳳峠に到着、12時半。ここから広河原までのコースタイムは2時間15分。
そして最終バスは16時。一安心のおにぎり休憩とします。

[]
白鳳峠を過ぎるとすぐにガレ場。北岳を眺めながらゆっくり下ります。
かなり足にキているので、久々にストックを使用。

[]
再び樹林帯へ。

[]
「やまなしの森林100選」だそうです。

[]
急勾配の連続。

[]
古い方がフォントに味がありますね。

[]
勾配が緩んだと思ったら。

[]
ハシゴの連続となりました。

[]
先端にはケガをしないように半球付き。

[]
ハシゴ自体は頑丈で問題ありませんが、足元がやや狭いので要注意。

[]
こちらは旧ルートのようです。

[]
ロープはしっかり固定されていますが、倒れた杭が視覚的に不安。

[]
上はクサリ、中央にハシゴ、下には木橋。

[]
延々と急勾配。

[]
ワイルドなハシゴですが、しっかり機能しています。

[]
やっと南アルプス林道に到着。

[]
後は広河原まで林道歩きです。

[]
すっかり青空となった北岳山頂方面。

[]
広河原に無事到着。5分と待たずに乗合タクシーが出発。

[]
夜叉神峠登山口で下車。マイカーの元へ。

土日のいわゆる「千円高速」が終了したにも関わらず、小仏トンネルは
例によって渋滞。大月から八王子まで120分と表示されていました。


[TopPage] > [山行記録] > [鳳凰三山2]