[TopPage] > [山行記録] > [富士山2]


富士山2

ふじさん / 3775.6m

[] 2011年6月26日 南アルプス・観音岳にて


2011年7月9日(土)

須走口新五合目(3:50)-新六合(5:05)-本六合(5:40)-七合(6:40/6:50)-本七合(7:35/7:45)-八合(8:15)
-本八合(8:45/8:50)-九合(9:50)-久須志神社(10:30/10:40)-浅間大社奥宮(11:25)-剣ヶ峰(11:50)

剣ヶ峰(12:00)-久須志神社(12:50)-須走口下山口(13:00)-八合五勺(13:30)-七合(14:10)
-砂払五合(15:05/15:10)-須走口新五合目(15:45)

[地図]

霧雨の東名高速御殿場ICを過ぎ、須走口新五合目に到着したのは23時。
しかし駐車場はすでに満車。係員から「路上駐車5台目」と指示される。
駐車してすぐに出発する登山者も多いが、こちらは予定通り仮眠。

[]
須走口新五合目。トイレを済ませ、ヘッドライトを装着して出発。

[]
やっと明るくなってきました。

[]
新六合目・長田山荘に到着。雲海の向こうに箱根外輪山。

[]

[]
本六合目・瀬戸館を通過。

[]

[]
七合目・大陽館にて小休止。

[]

[]
間もなく本七合目・見晴館。

[]
この見晴館でも小休止。休憩時間が増えてきます。

[]

[]

[]
八合目・江戸屋。

[]

[]

[]
本八合目・胸突江戸屋。吉田口登山路が合流し、一層賑やかになります。

[]
コースタイムでは山頂まで1時間半。

[]

[]
八合五勺・御来光館。最後の山小屋です。

[]

[]
九合目。

[]
ラストスパート!なんてパワーは残っていません。一歩一歩ゆっくりと。

[]
あの鳥居の先が山頂です。

[]
山頂はまさに観光地。久須志神社前で写真を撮ってそそくさと剣ヶ峰へ。

[]
剣ヶ峰はちょうど火口の反対側。時計回りでお鉢巡りです。

[]

[]
燃料切れのため、おにぎりタイム。寒くもなく暑くもなく風もなく穏やか。

[]
画像左の浅間大社奥宮は、まだ営業していませんでした。

[]
(標高が)日本一高い公衆トイレ。登山口と同じ200円。

[]
砂地の急勾配「馬の背」をなんとか登ってようやく剣ヶ峰。

[]
「日本最高峰富士山剣ヶ峰」の標柱。記念撮影は順番待ちです。

[]
火口「大内院」。

[]
剣ヶ峰直下をトラバース。昨年に比べ雪は少なめ。

[]
振り返って剣ヶ峰。

[]
恐る恐る大沢崩れを覗き込む。

[]

[]

[]

[]
雲上の世界。

[]
久須志神社までぐるっと一周、お鉢巡り終了。13時、下山口より下山開始。

[]
下山路も雪が少なめ。

[]
ガスに突入。天然のミストが涼しい。

[]
七合目・大陽館まで降りてきました。

[]
そして須走口下山路の目玉、砂走り。

[]
上端部の5mが一番滑りそう。

[]
一気に下ります。が、すぐに息切れ。急降下と一休みの繰り返し。

[]
見上げるとかなりの勾配。

[]
直線区間が終わっても、足元は砂地。

[]

[]
砂払五合。吉野屋は営業前。

[]

[]
登山路に合流。

[]

[]
古御岳神社に到着。

[]
この階段を下れば、賑やかな登山口となります。

[]
路上駐車とは言え、登山口から1分程度下るだけ。

路上駐車の列はかなり下まで延びていました。来週末からはマイカー
規制も始まり、こんな光景もなくなるのでしょうが。

帰路、須走からは国道138号線で山中湖へ抜け、何故か大混雑の
「石割の湯」で汗を洗い落とし、ガラガラの道志みち経由で帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [富士山2]