[TopPage] > [山行記録] > [長者ヶ岳~天子ヶ岳]


長者ヶ岳~天子ヶ岳

ちょうじゃがたけ / 1335.8m

てんしがたけ / 1330m


2012年1月28日(土)

駐車場(7:30)-キャンプ場分岐(7:45)-休暇村分岐(8:15)-長者ヶ岳(9:15)

長者ヶ岳(9:25)-上佐野分岐(9:45)-天子ヶ岳(10:05)

天子ヶ岳(10:30)-林道出合(11:40)-林道入口(12:05)-休暇村富士(12:35)-駐車場(13:00)

[地図]

[]
道の駅「朝霧高原」で時間調整の仮眠。やや明るくなり、田貫湖湖畔の
駐車場へ向かうと通行止めの案内板。白糸の滝方面へ大きく迂回して
田貫湖に到着したのは7時。一旦、田貫湖キャンプ場まで乗り入れ、
トイレを済ませてから手前の駐車場へ移動。

[]
駐車場から小田貫湿原へ向かうとすぐに登山口。

[]
長者ヶ岳山頂までは階段多めです。

[]
この辺りを歩いている頃、富士五湖を震源とする地震があったようですが、
まったく気付かず。

[]
キャンプ場分岐。

[]

[]
休憩によさげなところですが、眺望はありません。

[]
休暇村分岐。

[]
ここなら富士山と田貫湖を眺めながら休憩できます。

[]
そろそろ雪が増えてきました。

[]

[]
アイゼンを使うには中途半端。

[]
テーブルとベンチのある休憩ポイントを通過。

[]
雪山になってきました。

[]
しっかりとしたトレース。

[]

[]
長者ヶ岳山頂(標高1335.8m)。

[]

[]
天狗岳方面の登山道。

[]
南アルプス方面の眺望。

[]
天子ヶ岳へ向かいます。

[]
正面に見えているのが天子ヶ岳。意外と登り返すなぁ。

[]
鞍部への下りは陽当たり良好。雪がありません。

[]
上佐野分岐を過ぎて登り返しとなると再び雪道。

[]

[]
なかなかアイゼン装着に踏みきれません。

[]

[]
あのピークが山頂のようです。

[]
天子ヶ岳山頂(標高1330m)。

[]
長者ヶ岳と違って眺望はありませんが。

[]
少し歩くと「富士見台」。

[]
その名の通り、ドーンと富士山。

[]
カップラーメンで昼食の後、下山開始。

[]
こちらも下りは雪がないのかな?と思っていると…

[]
急勾配となり、中途半端に凍った雪道となりました。

[]
今回唯一のロープ。細めです。

[]
アイゼンを装着すれば問題ないでしょう。今回は横着して未装着。

[]

[]
なかなか雪が消えません。

[]

[]
やっと雪も消え、勾配も緩んできました。

[]

[]
右手から林道らしき未舗装路が合流。

[]
林道と別れ、標識に従い右手へ下ります。

[]

[]
林道出合へ向けて急降下。

[]
林道出合。

[]
林道を進みます。

[]
スカイ朝霧のパラグライダー・ランディング場を横断。奥に天子ヶ岳。

[]

[]
林道歩き終了。

[]
道路の両側が「天子の森キャンプ場」の管理地となっています。

[]
休暇村富士に到着。

[]
かなり雲に覆われてしまいました。

[]
後は駐車場まで遊歩道を辿ります。

[]
富士山を眺めながら湖畔を歩く予定だったのですが。

[]
振り返って、休暇村の背後に今日歩いた稜線を見上げる。

[]
駐車場に無事到着。車の多くは釣人のものと思われます。

山行中はOFFにしている携帯電話の電源を入れると、8時過ぎに家から
連絡があった模様。家に電話して今朝の地震のことを知りました。


[TopPage] > [山行記録] > [長者ヶ岳~天子ヶ岳]