[TopPage] > [山行記録] > [笠取山2]


笠取山2

かさとりやま / 1953m


2012年4月28日(土)

作場平橋(6:50)-一休坂分岐(7:10)-ヤブ沢峠(7:55)-笠取小屋(8:10)-雁峠分岐(8:20)-
笠取山(9:00)-水干分岐(9:20)-水干(9:30)-水場口(9:35)-雁峠分岐(10:05)-
笠取小屋(10:15)-一休坂分岐(11:15)-作場平橋(11:35)

[地図]

靴慣らし山行第3弾。
朝霧の中央道を進み、勝沼ICから国道411号線(青梅街道)を柳沢峠
方面へ。前方を走っていたタクシー3台は、裂石で揃って右折。大菩薩
ですね。
前回同様、犬切峠経由で作場平橋の駐車場に到着。 2番乗りでしたが、
続いて2台の乗用車が到着。

[]
トイレを済ませて出発。

[]

[]

[]
沢沿いの爽やかなコースです。

[]

[]
ここで右に進むと一休坂方面へトラバースできるようです。

[]

[]
ヤブ沢峠に到着。

[]
笠取小屋まで林道を進みます。

[]
林の奥には残雪。

[]
登山道にも残雪というか氷とシャーベット。ごく一部ですが。

[]
雁峠(がんとうげ)分岐。その先には「小さな分水嶺」。

[]
「小さな分水嶺」から山頂方面を望む。

[]
燕山(つばくらやま)方面。

[]
山頂へ直登。

[]
粛々と登ります。

[]

[]

[]
「こんなに登ったの?」か「これしか登ってないの?」か。

[]
山梨側の山頂(西峰)。

[]
大菩薩嶺と富士山。なのですが、富士山は肉眼でもほとんど見えず。

[]
東峰へ。

[]

[]
笠取山山頂(標高1953m)。標高点のある東峰です。

[]
そのまま尾根を進みます。

[]
前回使った水干(みずひ)方面へのショートカット。

[]
今回は正規ルートを進みます。

[]
唐松尾山方面(尾根道)分岐。

[]
水干分岐。

[]
多摩川の源頭・水干に到着。前日の雨のせいか、多摩川の元となる雫が
ポタリポタリと落ちていました。

[]
水場へ下ります。

[]
多摩川源流を確認。

[]
水場から登山道へ復帰。

[]

[]
笠取小屋まで防火帯を下ります。

[]

[]
笠取小屋に到着。すでにテント2組が設営済み。小屋も開店(?)準備中。

[]
水場を通って一休坂方面へ。

[]
途中、登山道の脇にスペースを見つけてカップラーメンタイム。

[]
沢を離れます。

[]

[]
一休坂尾根を下ります。

[]
穏やかな尾根道。

[]
右はヤブ沢方面、左は馬止方面。直進します。

[]

[]
一休坂分岐でヤブ沢峠ルートに合流。

[]

[]
夏場、水浴びしたら気持ち良いだろうなぁ。

[]
無事、登山口へ。

[]
先日まで林道整備の重機が置かれていたようですが、すでに撤収しており、
きれいに整地されています。

まだ馴染んだとは言えないけど、これで新登山靴の慣らしは終了。
帰路は「丹波山温泉・のめこい湯」へ。そのまま奥多摩湖経由で帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [笠取山2]