[TopPage] > [山行記録] > [竜ヶ岳5]


竜ヶ岳5

りゅうがたけ / 1485m


2012年6月10日(日)

登山口P(7:00)-登山口(7:10)-ベンチ(7:35/7:40)-東屋(8:00)-分岐(8:35)-竜ヶ岳(8:40)

竜ヶ岳(8:55)-分岐(9:00)-ベンチ(9:30/9:35)-遊歩道分岐(9:50)-登山口P(10:20)

[地図]

4月に導入した新登山靴、初回のようなひどい靴擦れは無くなったものの、
未だに違和感が残ります。ということで新たにインソールを投入。今回は
そのテストです。

[]
本栖湖キャンプ場・登山者用駐車場。昨夜の雨は上がってくれました。

[]
本栖湖キャンプ場を通過。

[]
道路工事の為、一部通行止めとなっていました。標識に従って進むと、
いつもとは反対の方向から登山口に到着。

[]

[]
最初の富士山展望ポイントとなるベンチですが、無論この天気では…

[]
4~5月に「富士芝桜まつり」が開催される富士本栖湖リゾート。

[]

[]
東屋に到着。念の為ザックカバーを装着。

[]
東屋より朝霧高原方面。

[]
風景はひたすら白く。

[]
本栖湖畔への分岐。良い雰囲気です。

[]
竜ヶ岳山頂(標高1485m)。ガスに包まれてオニギリ補給。

[]
さっさと下山開始。これはこれで趣きのある風景ですが。

[]
本栖湖畔方面へ。

[]
「下りはラクショー、ハラショー」との考えは甘く、非常に滑りやすい路面
状態。こんな日に限ってストックも着替えも持参していません。

[]
足裏に神経を集中、ひたすら慎重に下ります。

[]
普段のペースなら通過するところですが、今日は利用させてもらいます。

[]
新緑が眩しい。

[]
この分岐は前回(2009年12月)歩いたときには無かった(ハズ)。

[]
案内図もあります[拡大]。赤線の周遊歩道へ。

[]
こちらに回って正解。イイ感じです。

[]

[]
カツラの大木。絵になります。

[]

[]
2ヶ所崩落有り。通過には問題ありません。

[]

[]
堰堤を巻いて下ります。

[]
後は平坦な道。

[]

[]
往路に合流。

[]
標識の「本栖湖」方面に進みます。こちらも工事中。

[]
すぐに湖畔の県道へ合流。

[]
無事駐車場に到着。さすがに車も少なめ。

で、肝心のインソールの効果ですが、「違和感は減少」といったところ。
単に靴が馴染んだだけかもしれませんが、靴紐の調整などもう少し
検証してみます。夏山シーズンまでには解決したいなあ。


[TopPage] > [山行記録] > [竜ヶ岳5]