[TopPage] > [山行記録] > [蓼科山2]


蓼科山2

たてしなやま / 2530.3m


2012年7月29日(日)

大河原峠P(6:00)-赤谷分岐(7:10)-将軍平(7:25/7:30)-蓼科山(8:10)

蓼科山(8:35)-将軍平(9:05/9:20)-天祥寺原(10:40)-亀甲池(11:05)-双子池(11:40)

双子池(12:15)-双子山(13:00/13:10)-大河原峠P(13:35)

[地図]

中央道諏訪ICからR152(大門街道)を抜け、白樺湖を経由する予定だったのですが
大門峠まで通行止めとの表示。状況は不明でしたが、素直にビーナスラインで迂回、
大河原峠へ。

[]
大河原峠。続々とクルマが到着。大河原ヒュッテも営業中です。

[]
生い茂った笹と格闘しながら一気に標高を稼ぎます。

[]

[]
勾配が緩むと水捌けの悪い道が続きます。

[]
蓼科山山頂が見えてきました。

[]
将軍平に到着。

[]
「歩き」から「登り」に装備を変更して約30分の急登へ。

[]
鎖場。使わなくても大丈夫。

[]

[]
樹林帯を抜けると蓼科山頂ヒュッテ。すぐに山頂です。

[]
蓼科山山頂(標高2530.3m)。

[]
南八ヶ岳はガスの中。

[]
悪天候の時には居たくない広大な山頂。

[]
眼下に白樺湖。

[]
小休止の後、下山開始。将軍平まで戻ります。

[]

[]
再びの将軍平でトイレ休憩。

[]
将軍平から天祥寺原へ下ります。

[]
涸れ沢かと思ったら結構な水量。昨夜の雨のせいかな。

[]

[]

[]
伸び放題の笹と水捌けの悪い足場。悪条件が重なります。

[]

[]
将軍平分岐。左の天祥寺原へ。

[]

[]
登山道のほとんどが水浸し。

[]
天祥寺原に到着。奥には大岳。

[]
亀甲池方面へ向かうとすぐに渡渉。

[]
亀甲池までは「普通の」登山道が続きます。

[]
2120ピークの右を巻いています。

[]

[]
亀甲池に到着。

[]
亀甲池。

[]
続いて双子池方面へ。

[]
苔に被われた岩と倒木が良い雰囲気です。

[]
小さな峠を越えて双子池へ。

[]
双子池(雌池)。ここで昼食とします。

[]
池を半周して双子池ヒュッテへ。

[]
双子池ヒュッテ到着。

[]
最後に一仕事、双子池ヒュッテから双子山へ。

[]

[]
こちらも笹が生い茂っています。

[]
樹林帯を抜けると間もなく山頂。

[]
左に蓼科山。

[]
双子山山頂(標高2223.8m)を越え、駐車場まで下ります。

[]

[]
最後の最後まで笹。

[]
無事到着。白樺湖まで下り、「すずらんの湯」へ。

今朝の通行止めは片側交互通行で仮復旧していたので、白樺湖から
R152(大門街道)を下りました。土砂崩れや路肩崩落など、かなりの被害
だったようです。


[TopPage] > [山行記録] > [蓼科山2]