[TopPage] > [山行記録] > [四阿山~根子岳]


四阿山~根子岳

あずまやさん / 2354m

ねこだけ / 2207m


2012年10月6日(土)

菅平牧場(7:05)-小四阿(8:15/8:20)-中四阿(8:55)-根子岳分岐(9:35)-四阿山(9:45)

四阿山(9:55)-根子岳分岐(10:10)-根子岳(11:40/12:00)-東屋(13:05)-菅平牧場(13:25)

[地図]

初の上信越道遠征。
登山口7時スタートを予定し、菅平高原まではスムーズに進んだのですが、
食料を調達する予定だったセブンイレブン菅平高原店は7時開店!
非常食だけでは明らかに不足。今来た道を戻り、同じくセブンイレブンの
真田店へ。結局30分のロスとなりました。ええ、いい教訓ですよ。

[]
駐車場から牧場の脇を進みます。

[]
すぐに登山口。

[]

[]
大明神沢を渡ります。

[]

[]
さすが百名山、しっかり整備されています。

[]

[]
樹林帯を抜けて、振り返ると。……明け方は晴れていたのに。

[]
小四阿に到着。

[]
左手には根子岳。

[]
ピンポイントの紅葉。

[]
ガスに突入。

[]
振り返ってもガス。

[]
中四阿に到着。巻道もありますが、律儀にピークを踏みます。

[]
中四阿から鞍部まで少し下ります。

[]

[]
先ほど見上げていた稜線はこの辺りかな。

[]
中四阿方面を振り返る。

[]
少し進んで根子岳分岐。

[]
山頂手前に立派な階段。

[]
この祠を通過すればすぐに山頂です。

[]
四阿山山頂(標高2354m)に到着。

[]
山頂は細長い岩場。晴天なら大展望ですが、大勢で休憩するのは厳しい
かと思います。

[]
山頂の先、嬬恋方面。あちらからのコースはゴンドラで標高2050mまで
上がれます。

[]
水分補給のみで折り返し。階段の途中に鳥居峠方面への分岐。

[]
ガスが流れ、再び根子岳が出現。山頂付近が崩壊しているにも関わらず
たおやかな山容です。

[]
根子岳分岐まで戻ってきました。

[]
再びガスが。

[]
根子岳分岐からは、鞍部までひたすら急降下。

[]
見上げると一層厳しそう。

[]

[]
やっと鞍部、といった感じです。素晴らしい解放感。

[]

[]
笹原の解放感は良いのですが、さすがに標高2000mを越えているので、
吹きっさらしでは風が冷たい。

[]
防寒着を装備します。

[]

[]
四阿山方面を振り返る。

[]

[]
笹原エリアから岩石エリアへ。

[]
登山道を少し外れて、岩の上へ登ります。山頂はもうすぐ。

[]
岩の脇をすり抜けて。

[]

[]
山頂直下の崩壊地。

[]
崩壊地の上端を通過すれば山頂。

[]
根子岳山頂(標高2207m)。こちらは花の百名山だそうです。

[]
四阿山の山頂とは異なり、こちらはゆとりのスペース。コンビニおにぎりと
レトルト豚汁でのんびり昼食とします。

[]
下山開始。

[]
菅平高原のパノラマを眺めながら下ります。

[]

[]
根子岳から菅平牧場までの登山道は傾斜も緩く、ほとんどの区間で
林道並みの道幅が確保されています。

[]

[]
樹林帯を抜けると東屋付きの展望ポイント(見晴台)が出現。地形図と
ルートが異なるのは、ここを作ったから?

[]
菅平牧場から20分で登れるそうです。

[]
立派な東屋と根子岳。

[]
牧場の脇を下ります。

[]
登山道終了。

[]
四阿山からの下りですれ違った団体さんは、関西からあのバスで来た
ようです。

[]
無事到着。あぁ、せっかく牧場へ来たのにソフトクリームを食べてない。
なお、入山料200円(大人1名)の支払いはゲートで。

真田まで下り「ふれあい真田館」で入浴。
関越道の渋滞を覚悟していたものの、結局、自宅まで見事に渋滞レス。


[TopPage] > [山行記録] > [四阿山~根子岳]