[TopPage] > [山行記録] > [古礼山]


古礼山

これいさん / 2112.1m


2013年8月4日(日)

作場平P(6:20)-一休坂分岐(6:45)-ヤブ沢峠(7:30)-笠取小屋(7:45/7:55)-雁峠分岐(8:05)
-雁峠(8:15/8:20)-燕山(8:55)-古礼山(9:40)

古礼山(9:50)-燕山(10:25)-雁峠(10:45/10:55)-雁峠分岐(11:05)-笠取小屋(11:15)
-一休坂分岐(11:55)-作場平P(12:15)

●作場平P:標高1315m / 歩行距離:約14.0km

[地図]

夏休み山行(行先未定)に備えての2週連続山行。さらに靴ズレ対策として
ワセリン塗布の効果確認も。

[]
さすが夏休みの日曜日。6時到着にも関わらず10台以上の先客。

[]
トイレを済ませて作場平からスタート。

[]

[]

[]
一休坂分岐通過。

[]
ヤブ沢沿いの快適な登山道。

[]
こちらも一休坂への分岐。

[]
このルートは3度目ですが相変わらず見事な整備状況。

[]

[]

[]
ヤブ沢峠に到着。ここで本日最初の登山客と出会う。

[]
林道を少し歩けば笠取小屋。のんびり朝食タイムでしょうか。小屋前が
賑やかです。テントも数張。

[]
賞味期限切れのSOYJOYでエネルギー補給の後、雁峠分岐へ。

[]
雁峠分岐。右手の丘は「小さな分水嶺」。

[]
笠取山を眺めつつ樹林帯へ突入。

[]
樹林帯を下ると雁峠小屋。

[]
雰囲気あり過ぎ。

[]
先行パーティと入れ違いで雁峠到着。

[]
開放的な峠です。天候に恵まれればここを目的地とした山行も良いかな。

[]
小休止の後、登坂開始。壁のように見えた斜面もつづら折りのおかげで
割と楽です。

[]
むしろ樹林帯に入ってからの方がキツい。

[]

[]
燕山(つばくらやま)道標。

[]
燕山で折り返すことも考えていたのですが、先に進みます。

[]
左の踏み跡を辿れば2004ピークを経由できそうです。今回はパス。

[]
所々、南側の視界が開けます。

[]
ガスに巻かれていないだけマシですか。

[]
尾根に乗っているところは草原のよう。

[]
尾根の北側を巻くとこんな感じ。

[]

[]

[]

[]
ここで縦走路を離れ、古礼山山頂方面へ。

[]
樹林帯を少し進めば、ベンチのある草地。ちょうど先行パーティが山頂
から戻ってきました。

[]
再度、樹林帯に突入すればすぐに山頂。

[]
古礼山山頂(標高2112.1m)。

[]
想像以上の展望。天候が悔やまれます。

[]
おにぎり休憩の後、折り返します。

[]

[]

[]

[]

[]
右手に雁峠分岐付近の草地が見えますが、その前に正面の燕山を越えねば。

[]

[]
再び燕山。

[]
下るにはちょうど良い勾配かも。

[]

[]
笠取山と再会。

[]

[]
雁峠まで戻ってきました。またもや賞味期限切れのSOYJOYで小休止。
これでやっとSOYJOYの在庫処理完了。

[]
最後の登り返し。

[]

[]
再び雁峠分岐。

[]
防火帯を笠取小屋へ。

[]
笠取小屋。朝と同様賑やかです。

[]
復路は一休坂ルートで。沢沿いの急勾配は滑りそう。

[]
この辺り、お気に入りです。

[]
一休坂の道標。右はヤブ沢方面、左は馬止方面。

[]

[]
一休坂分岐。

[]
後は緩やかに下ります。

[]

[]

[]
まもなく作場平。

[]
無事到着。靴ズレは防ぐことができたのでワセリン塗布は効果アリかな。

R411青梅街道を勝沼まで戻り、まるき葡萄酒へ寄り道してから中央道に
乗ると小仏渋滞2kmの表示。まあ許容範囲だね、と高をくくっていたら、
事故渋滞が重なり11kmと急速に状況悪化。久々にハマりました。


[TopPage] > [山行記録] > [古礼山]