[TopPage] > [山行記録] > [硫黄岳]


硫黄岳

いおうだけ / 2780m


2013年10月19日(土)

桜平(6:25)-夏沢鉱泉(6:55/7:05)-オーレン小屋(7:50)-赤岩の頭(8:55/9:00)-硫黄岳(9:20)

硫黄岳(9:35)-夏沢峠(10:20/10:45)-オーレン小屋(11:05)-夏沢鉱泉(11:50)-桜平(12:15)

●桜平:標高1900m / 歩行距離:約10.1km

[地図]

「曇り」という天気予報を信じて自宅を出発したものの、中央道は雨。
諏訪南ICで降り、別荘地を抜けた唐沢鉱泉分岐からはウワサ通りの悪路。
何度か車底を擦りつつ到着した登山口で明るくなるまで待機します。

[]
小雨の中、ゲートを越えてスタート。左へ上がると駐車場。

[]
ゲートから下って約200m先に仮設トイレ。10月中旬までとのこと。

[]
夏沢鉱泉までは林道歩き。

[]
夏沢鉱泉。やや雨足が強まってきたので雨具を装着。

[]
夏沢鉱泉から先も良く整備された快適な登山道です。

[]

[]
オーレン小屋。

[]
峰の松目方面との分岐。

[]
危険な箇所もなく歩きやすいルート。

[]
振り返ると周辺のガスが消えていました。

[]

[]

[]
ハイマツに囲まれた急登が終わると赤岩の頭。

[]
山頂方面。

[]
雨も止みました。

[]
雪化粧の赤岳方面。初雪のようです。

[]
山頂へ向かいます。

[]
この岩場を回り込むと山頂。

[]

[]
硫黄岳山頂(標高2780m)。

[]
2780mの標高点付近まで往復(標高はGPSで確認)。

[]
山頂に戻って早々に下山開始。

[]
爆裂火口は雲の中。

[]
右奥は蓼科山。その手前に天狗岳。

[]
峰の松目。意外に立派な山容。

[]
夏沢峠が見えてきました。

[]

[]

[]
夏沢峠に到着。ここで雨具を脱ぐ。

[]
本沢温泉方面。

[]
山頂方面はガスの中。コンビニおにぎりと豚汁で大休止。

[]
オーレン小屋に向かいます。

[]

[]
オーレン小屋。

[]
オーレン小屋から山頂方面を見上げる。

[]

[]
ガスに突入。

[]
オーレン小屋の水力発電棟。

[]
夏沢鉱泉通過。

[]

[]

[]
ここを登れば桜平のゲート。

[]
無事到着。

今回も「もみの湯」へ。
この天気のおかげか、中央道も渋滞知らずで通過できました。


[TopPage] > [山行記録] > [硫黄岳]