[TopPage] > [山行記録] > [編笠山]


編笠山

あみがさやま / 2523.7m


2013年11月9日(土)

観音平(5:55)-雲海(6:45/6:50)-押手川(7:25/7:30)-編笠山(8:45/9:00)-青年小屋(9:25/10:00)
-押手川(11:00/11:05)-雲海(11:40)-展望台(12:00/12:10)-観音平(12:40)

●観音平:標高1560m / 歩行距離:約8.7km

[地図]

今年最後の遠出は、前回に引き続き八ヶ岳。天気予報は快晴、時間調整した
道の駅小淵沢でも満天の星空で、ピーカン山行を期待しつつ観音平へ。

[]
久々の観音平。5時半到着で先客は20台ほど。

[]
明るくなるのを待って出発。

[]
非常に快適な登山道。

[]

[]
雲海に到着。

[]
雲海から見える雲海。

[]

[]
徐々に足元の岩が増加。

[]
押手川到着。先行パーティと入れ違いで小休止。

[]
勾配がキツくなってきました。

[]

[]

[]
そろそろ樹林帯も終わり。

[]
山頂目前でやっと樹林帯を抜けます。正面は南アルプス。

[]
雲海に浮かぶ富士山。

[]
編笠山山頂(標高2523.7m)。

[]
手前は西岳。諏訪湖一帯はガスに覆われています。

[]
左から阿弥陀岳、横岳、赤岳、ギボシ、権現岳。

[]

[]
青年小屋へ下ります。

[]
眼下に青年小屋。正面にギボシと権現岳。

[]
日陰の岩には霜が付着しているので慎重に。

[]
すでに冬季休業中の「遠い飲み屋」青年小屋。

[]
テント場の端で大休止。今日は珍しく助六寿司と豚汁。

[]
巻道で下山します。

[]
直登ルートに比べ、氷も霜柱も多め。

[]

[]
ガスに覆われてきました。

[]
あのピークは三ツ頭かな。

[]

[]
再び押手川。

[]
小休止の後、雲海へ向けて下ります。

[]

[]
雲海通過。下りは展望台経由で。ただし展望は期待せずに。

[]

[]
間もなく展望台。

[]
展望台到着。

[]
展望は予想通り。ベンチでおやつタイム。

[]
観音平方面へ。

[]
展望台から観音平までは「観音歩道」として整備されています。

[]
矢の堂跡地。

[]
無事到着。3台ほどが路上駐車となる程度の満車。

[]
観音平口手前、カラマツの黄葉。

帰路は小淵沢IC前を通過してR20へ下り、甲斐駒ヶ岳温泉「尾白の湯」へ。
道の駅はくしゅうに寄り道の後、須玉ICから中央道で帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [編笠山]