[TopPage] > [山行記録] > [権現岳2]


権現岳2

ごんげんだけ / 2715m


2014年7月12日(土)

観音平(4:40)-雲海(5:25/5:30)-押手川(6:10/6:15)-青年小屋(7:30/7:50)-ノロシバ(8:20/8:25)-権現岳(9:25)

権現岳(9:40)-三ッ頭(10:30/11:00)-木戸口公園(11:55)-ヘリポート跡(12:15/12:20)-八ヶ岳横断歩道出合(13:30)-観音平(14:05)

●観音平:標高1560m / 歩行距離:約12.5km

[地図]

ギボシ前後の岩場を考え、できる限り好天の日を狙っていたら、見事に
スケジュールと梅雨の晴れ間が一致。編笠山は昨年11月に登ったので、
今回はパス。

[]
観音平。4時過ぎに到着した時点で、駐車場の外縁部はほぼ埋まっており、
皆さん出撃準備中。こちらも朝食、トイレを済ませて出発。

[]

[]
雲海。

[]
遠望はイマイチ。

[]
この辺り、ずいぶんスッキリしましたね。

[]
押手川。当然、他の皆さんは編笠山へ。

[]
押手川から巻道へ。

[]

[]

[]
編笠山が見えてくると、間もなく青年小屋。

[]
青年小屋に到着。山バッジを購入。

[]
小休止の後、権現岳方面へ。

[]
ノロシバに到着。パノラマを堪能。

[]
正面に西ギボシ、奥には権現岳。

[]
阿弥陀岳。奥には蓼科山。

[]
西岳。

[]
編笠山の先、南アルプスは雲多め。

[]
三ッ頭から続く尾根の先には控えめな富士山。

[]
ノロシバから権現小屋手前までが、今回のハイライト。

[]
ノロシバと編笠山。

[]
ヤツガタケキスミレかな。

[]
ミヤマクロユリ。

[]

[]

[]
西ギボシを越えました。

[]
ミヤマシオガマ。

[]
続いて東ギボシに向かいます。

[]
イワベンケイ。

[]

[]

[]
阿弥陀岳と赤岳。その間に硫黄岳と横岳も顔を出しています。

[]
コイワカガミ。

[]
まもなく権現小屋。

[]
赤岳方面との分岐。

[]
ミヤマキンバイかな。

[]
権現岳山頂(標高2715m)。

[]
西ギボシと東ギボシ。

[]
編笠山。

[]
桧峰神社。

[]
下山開始。正面に三ッ頭。

[]
こちらのルートはクサリ少なめ。

[]
三ッ頭手前のピークは巻きます。直登する踏み跡も有り。

[]
キバナシャクナゲ。

[]

[]
三ッ頭への登り返し。

[]
三ッ頭。左の尖峰が権現岳、中央は阿弥陀岳、右の赤岳には雲が。

[]
コンビニおにぎりとカップ味噌汁で腹を満たして再起動。

[]
まずはがっつり降下。

[]
延々と樹林帯なのですが、時折こんな眺望も楽しめます。

[]

[]
どこから見ても丸い編笠山。

[]
西ギボシ、東ギボシ、権現岳。三ッ頭は木に隠れてしまった。

[]
木戸口公園。ヘリポート跡で小休止予定なので通過。

[]

[]
ヘリポート跡。

[]
甲府盆地を眺めながら小休止。

[]
長い長い下り道。

[]
延命水。飲料不適の水場は未確認ですが、ネットでは「すでに涸れている」
という情報もありました。

[]

[]
やっと八ヶ岳横断歩道。

[]
涸れ沢まで下ります。

[]
涸れ沢を渡り、最後に登り返し。

[]
無事到着。駐車場からはみ出した路上駐車の列は延々と富士見平まで。

今回は初めてのスパティオ小淵沢「延命の湯」へ。恒例の中央道・小仏
トンネル渋滞を抜けて帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [権現岳2]