[TopPage] > [山行記録] > [甲斐駒ヶ岳2]


甲斐駒ヶ岳2

かいこまがたけ / 2967m


2015年8月1日(土)

●伊那市南アルプス林道バス(片道1,130円+手回り品210円)

北沢峠(5:55)-双児山(7:40)-駒津峰(8:25/8:35)-六方石(9:00/9:05)-甲斐駒ヶ岳(10:05)

甲斐駒ヶ岳(10:20)-六方石(11:10/11:20)-駒津峰(11:55/12:05)-仙水峠(13:20)

仙水峠(13:25)-仙水小屋(14:00)-長衛小屋(14:40/14:45)-北沢峠(15:00)

●北沢峠:標高2030m / 歩行距離:約9.6km

[地図]

ナビに導かれるまま、諏訪ICから杖突峠経由で仙流荘(南アルプス
林道バス営業所)へ到着したのはちょうど0時。営業所横の第1
駐車場はまだ余裕あり。車内を車中泊モードに切り替えて仮眠。

「4時起床、朝食の後にバス乗り場へ」と予定していたものの、すでに
4時前から団体客が行列開始。慌てて支度を済ませて、並んでから
おにぎりの朝食。

ちなみに今年は、特定日の始発が6時05分から5時15分に変わっています。

[]
乗車券を購入し(整理券も受け取る)、5時過ぎの3台目に無事乗車。

[]
北沢峠に到着。結局、朝の便は13台も出たそうで。

[]
まずは北沢峠から双児山へ。

[]

[]

[]
双児山の山頂手前で視界が開けると、早川尾根と鳳凰三山。

[]
そして北岳。

[]
さらに仙丈ヶ岳。

[]
双児山を通過し、正面に駒津峰と甲斐駒ヶ岳。

[]
樹林帯を鞍部まで下る。

[]
鞍部で小休止の後、駒津峰への登り。

[]
今回、富士山が山頂まで見えたのは、ここだけ。

[]

[]
振り返って、双児山と仙丈ヶ岳。

[]
駒津峰に到着。暑さのせいか、すでにかなりバテ気味。

[]

[]
駒津峰から六方石へ。

[]
六方石に到着。

[]
六方石からは、もちろん直登コースへ。

[]
天然のアスレチックコース。

[]
クサリもハシゴもありません。

[]

[]
この辺りまでが直登コースの核心部かな。

[]

[]
やっと山頂。

[]
甲斐駒ヶ岳山頂(標高2967m)。八ヶ岳方面はガスの中。

[]
ハッキリ見えるのは正面の仙丈ヶ岳くらい。

[]
巻道ルートで下山開始。

[]
まずは駒ヶ嶽神社本社へ。

[]

[]
振り返って山頂方面。

[]
摩利支天はスルー。

[]

[]
再び六方石。

[]
六方石から駒津峰までのアップダウンでかなり体力を消耗。

[]

[]
再び駒津峰。暑さで食欲も無く、ゼリードリンクとソーセージのみ補給。

[]
仙水峠へ下ります。標高差は470m。

[]
果てしなく下る。

[]
正面は栗沢山。

[]

[]
やっと仙水峠。

[]
仙水峠から仙水小屋へ。

[]

[]
仙水小屋を過ぎてすぐの河原で小休止。

[]
後は長衛小屋まで沢沿いに。

[]

[]

[]
なんとか長衛小屋に到着。

[]
テント場は大盛況。この後もテント泊装備の登山者が続々と。

[]
最後の最後、北沢峠までの登り返しは地味にキツい。

[]
こもれび山荘に寄るつもりが、ちょうどバスの出発時刻。そのまま乗車。

[]
無事到着。

「高遠さくらの湯」に寄り、伊北ICから中央道へ。いつもの小仏渋滞を
除けば順調に帰宅。


[TopPage] > [山行記録] > [甲斐駒ヶ岳2]